カラコンの保存講座

安全性の高い度ありワンデーカラコン

1dayカラコン人気ランキング~安全性の高い度ありワンデーカラコン

カラコンの保存講座

せっかく買った高いカラコン、しっかり保存して使わないとダメにしてしまったらもったいないですね。 ちゃんと洗浄剤で洗浄しても、保存方法を間違えて捨てるハメになってしまう場合もあるので、面倒でもちゃんと行いましょう。

専用の容器の中からカラコンを取り出して、目の中に入れた後は、容器の中に残った保存液はしっかり捨てて、水道の水でしっかり洗ってください。 使い続けていると容器の済みに汚れが溜まってくるので、まめに綿棒でこすって洗いましょう。

よく洗ったあとの容器は自然乾燥が一番。 ここでタオルなどで拭いてしまうのはNGです。 タオルなどには雑菌がついているのが普通ですから、それが中で繁殖してしまうと、容器の中はキッチンの排水口状態に。 まさか排水口の中にカラコンを入れて保管するなんて、考えたくもないでしょう? どうしても自然乾燥が難しいなら、清潔なキッチンペーパーで水分を吸い取るのは有りです。

保存に使うのは保存液ですので、コストをケチって洗浄剤につけて保存するのは絶対にNGです。 なぜなら、カラコンの寿命が縮んでしまうから。 保存液代をケチってカラコンをダメにしたら、どっちが損かはわかりますよね。

レンズを浸す時間は最低でも4時間以上は必要です。 この時間は、レンズについたウィルスや雑菌をしっかり除菌するための時間なのです。 夜に外して翌朝まで浸けておくのがベスト。 もし、しばらく使う予定がないというなら、次に使う時までフタを閉めっぱなしで保管して大丈夫です。

ただ、使用期限は最初にパッケージを開けた時からの計算になりますので、例え二度と使わなくても、期限を過ぎたら捨てましょう。

↑ ページトップへ戻る