カラコンの付け方講座

安全性の高い度ありワンデーカラコン

1dayカラコン人気ランキング~安全性の高い度ありワンデーカラコン

カラコンの付け方講座

カラコンは目の中に入れて使うものですから、当然目を見開いて自分で中に入れるしかありません。 怖い!と思うかもしれませんが、ちゃんと手順に沿って行えば危険なことはありません。 慣れないうちは大きな鏡の前で行うようにしましょうね。

①まず、爪を切って手を洗う

長い爪を目の中に近づけるというのはあまりにも怖い行為です。 爪の間にはバイキンもたくさんついていますので、しっかり短くして石けんで手を洗いましょう。

②カラコンのパッケージを開けて、レンズを指に乗せる

利き手の人差し指の上にレンズをおわん型に乗せるのですが、指が濡れているとへんなふうにくっついてしまうことがあるので、手を洗った後は清潔なキッチンペーパーなどで水気を取っておくとやりやすいです。 ここで逆さに乗せてしまうと逆さに目の中に入れてしまうので、指の上に乗ったレンズがちゃんと裏表合っているかを横から見て形状確認しましょう。

③反対側の指でまぶたを開き、レンズを目に乗せる

鏡の前でしっかり真正面を見ながら行います。 目に「乗せる」という感覚がポイントで、カラコンを目にそっと近づけると自然に目のほうへピタッとくっついてくれるので、それを待ちましょう。 目が乾いているとこの吸い付く感じが得にくいので、乾いている人は目薬をさしておくと良いです。

④ちゃんと乗っているか確認する

まばたきをして目を動かしてみて、ちゃんと黒目の上にカラコンがピッタリ乗っているかを確認しましょう。 この時、痛みや違和感があったらすぐに外して下さい。 目薬でレンズや目を洗ってからもう一度入れると大丈夫な時もありますし、レンズや目に傷があると、何度入れても痛みが出ます。 その場合はつけずに眼科へ行くか、レンズを交換してください。

↑ ページトップへ戻る