カラコンの基礎知識

安全性の高い度ありワンデーカラコン

1dayカラコン人気ランキング~安全性の高い度ありワンデーカラコン

カラコンの基礎知識

カラコンを買う場合には、面倒でもまず眼科に行きましょう。 眼科では、視力やコンタクトレンズ特有のデータを調べます。

カラコンに限らずコンタクトレンズには専門用語がありますが、それはレンズのサイズや度数を表すものです。 人間の目は、みんながみんな同じ大きさをしているわけではないんですね。 コンタクトレンズを買う時には絶対に必要になるデータです。

DIA

コンタクトレンズの直径です。 レンズの大きさそのものがこれによって変わります。 カラコンはソフトコンタクトしかありませんから、黒目の上にすっぽり被せるタイプのコンタクトレンズになります。 その黒目の直径のひとまわりほど大きなサイズでコンタクトレンズは作られているのですが、ほとんどのメーカーが自社の規定サイズで作っているようですので、自分に合うサイズを選ぶというよりは、自分に合うメーカーを選ぶことになります。

BC

ベースカーブの略で、コンタクトレンズのカーブの角度を表しています。 眼球の大きな人は目のカーブがゆるやかになって、眼球の小さな人は目のカーブがきつくなります。 これが一番個人差の出る部分で、眼科で測ってもらうしかありません。 ピッタリ合わないレンズだと、いくらつけてもすぐ外れてしまったり、痛くて痛くてつけていられないということになってしまいます。

PWR

これがコンタクトレンズの度数を表す数値です。 メガネを持っている人もいるかもしれませんが、メガネの度数とは全然違います。 -(マイナス)が近視、+(プラス)が遠視で、度数が上がると数字が上がります。 おしゃれ目的の度なしカラコンは、+-0になります。

↑ ページトップへ戻る